お盆

お盆の意味や由来をご存知ですか?時期は一般的にはいつ?

投稿日:2017年6月15日 更新日:

8月の中頃にはお盆の時期になりますよね。

皆さんはどう過ごされますか?

お盆休みで帰省しお墓参りに行ったり、
休みを利用して遊びに行ったり
色んな過ごし方があると思います。

そんな夏のお盆ですが、お盆の意味や由来はご存知ですか?

なんとなく、

お盆の時期はお墓参りをするものじゃないの?

くらいの認識ではないでしょうか?私はそうでした。

今回は、そんなお盆の知っておきたい行事の意味や由来を取り上げてみました。

スポンサーリンク

お盆の意味とは?

お盆とは、旧暦の7月15日を中心に行われる先祖供養の儀式で、
お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。

お盆とは、どんな意味なのかというと、

ご先祖さまや肉親の精霊が帰ってきてくださる期間

そして、ご先祖をお迎えするために「精霊棚(しょうりょうだな)」を設け
追善供養をするのが一般的です。

つまりお盆は、

「ご先祖さまがあの世から帰ってきて、家族と共にひとときを過ごし、
再びあの世に帰っていくという、1年に一度の期間です。」

この時に、生前の御恩に対しての感謝の気持ちを込めて供養します。

お盆の由来とは?

このお盆(盂蘭盆会)は「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」というお経の中の
親孝行の大切さを説いた教え
に由来があると言われています。

この盂蘭盆経(うらぼんきょう)は、

お釈迦様の弟子の一人、目連尊者(もくれんそんじゃ)という人物が
神通力の一つ天眼によって、亡き母が地獄に落ちたことを知ります。

「地獄に落ちた亡き母のためにできる事はないのか?」

と、悲しみに打ちしおれる目連尊者がお釈迦様にたずねました。

「旧暦の7月15日(現在の8月中旬頃)に修行を終えた僧侶を心から供養すれば、
母親を三途の苦しみから救えるでしょう。」

スポンサーリンク

とお言葉をいただいた目連尊者は、百味、百果の食べ物を用意したそうです。

母が無事往生することができたのを知った目連尊者は飛び上がらんばかりに喜び、お釈迦様に、

「もし後の世の人々がこのような行事をすればたとえ地獄にあろうとも救われようか」

と尋ねました。

お釈迦様も嬉しそうにこたえられました。

「もし孝順心を持ってこの行事を行うなら必ずや善きことがおこるであろう」

そうして精霊を供養する、この「盂蘭盆会(お盆)」が生まれたと言われています。

お盆の期間とは?

私たちの一般的な感覚では「8月13日~8月16日」にお盆休みがあるので、
この時期がお盆といった認識がありますよね。

私も8月13日~8月16日がお盆の期間だと思っていました。

しかし、実はお盆の期間は大きく2つあって、地域やお寺様によって異なります。

先ほど、お盆の由来にもあったように、旧暦の7月15日という日にちから、
7月のお盆というのも地域によって存在します。

7月のお盆:7月13日~7月16日
8月のお盆:8月13日~8月16日

どうしてこのように地域によってお盆の時期が違うのか?

という部分については、下記記事にまとめてみましたので、よかったら是非読んでみてください。

お盆の時期と期間についてご存じですか?地域の違いも一部ご紹介!

あとがき

お盆とはどんな意味や由来があるのか。

について見てきましたがいかがでしたか。

各地で行われるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違いなどによってさまざまですが、
一般的に祖先の霊が帰ってくると考えられています。

お盆は、祖先の霊と一緒に過ごす大切な期間なのです。

墓参りにもお墓が遠いとか、ご先祖さまに対しての供養に対する心も薄れてきている傾向もありますが、
この機会に、あなたの地域や宗派でのお盆の迎え方も聞いてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

-お盆

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お盆の迎え火と送り火についてご存じですか?いつ、どうやるの?

迎え火や送り火について、いつ、どうやるか、はご存知ですか? 私の実家では迎え火も送り火もやらない為、 私は最近まで全く知りませんでした・・・。 お盆は、ご先祖さまがあの世から帰ってきて、家族と共にひと …

お盆の時期と期間についてご存じですか?地域の違いも一部ご紹介!

夏の風物詩ともいえるお盆ですが、 地域によって時期が異なることをご存じでしょうか。 実はお盆には、旧暦7月15日のお盆である旧盆、 新暦8月15日のお盆である月遅れ盆(8月盆)、 そして、新暦7月15 …

新盆で必要な物って何?一般的な準備物についてご紹介します。

新盆とは故人の死後、四十九日の忌明けを過ぎてから初めて迎えるお盆の事をいい、初盆などとも呼ばれます。 スポンサーリンク 毎年夏になると故人や先祖の霊を祀るためにお盆が行われますが、 この新盆では僧侶や …