エクセル(Excel)

Excelの関数を使って条件に合うデータだけ合計するには?

投稿日:2017年4月7日 更新日:

条件に合うデータだけ合計する

ただ普通に合計を出したい場合には、お馴染みのSUM関数を使うのが簡単です。
「ちょっと待って!そもそもSUM関数が分からない!」
という方は、以前SUM関数について解説させていただきましたので、是非こちらの記事を読んでみてください。
記事:Excel初心者向けの入門講座!関数を使って合計を求めてみよう!

今回は、条件に合うものだけを合計したい場合に使う、SUMIF関数について解説します。具体的には、下記画像の表で、各部名ごとの支出合計を求めていこうと思います。

今回も、私が実際に使っているエクセル(Excel)の画面を見ていただきながら解説していきます。私が使っているのはExcel2010で、他のバージョンとは画面上の表示が若干異なる部分もありますが、扱いは同じですので、安心してください。

スポンサーリンク

SUMIF関数とは?

指定した条件を満たす場合だけ合計を行う関数が、SUMIF関数です。具体的に、このSUMIF関数を使って、前述した『各部名ごとの支出合計』を求めてみたいと思います。

1.まず、求めた数を表示させる欄を選択状態にします。

2.Shiftキーを押しながらF3キーを押します。

3.表示される画面の『関数の分類』から『数学/三角』グループを選択します。

4.一覧から『SUMIF』を選択し、『OK』をクリックします。

5.表示される画面の『範囲』欄を入力状態にします。

6.そのまま、合計したいデータが入力されている『金額』の欄ではなく、判定に使用するデータが入力されている『部名』の欄を全て選択状態にします。すると、『範囲』欄のところに『C3:C9』と自動で入力されます。
この『C3:C9』の意味は『C3からC9までの範囲』を示しています。

7.次に、『検索条件』の欄を選択状態にします。

8.そのまま、上記6.で選択した範囲の中で、抜粋したい文字が入力されたセルを選択状態にします。すると、『検索条件』欄のところに『G3』と自動で入力されます。

スポンサーリンク

9.次に、『合計範囲』の欄を選択状態にします。

10.そのまま、今度は合計したいデータが入力されている『金額』欄を全て選択状態にします。すると、『合計範囲』欄のところに『E3:E9』と自動で入力されます。

11.『OK』をクリックすると、求めた数が表示されているのが確認できます。

表示された数の欄を選択状態にすると、『=SUMIF(C3:C,G3,E3:E9)』と入力されているのが確認できるかと思います。

『=SUMIF()』は『条件を満たす場合に合計します』
『C3:C9』は前述した通り『C3からC9までの範囲』
『G3』は、お分かりだと思いますが、『G3に入力されている値』
『E3:E9』は『E3からE9までの範囲』
を示します。

そのため、『=SUMIF(C3:C,G3,E3:E9)』は『C3からC9までの範囲内でG3に入力されている値と同じ値の場合、E3からE9までの範囲のデータを合計しますよ』という意味になります。

おさらい

『営業部』の合計を求める事ができたので、同じ手順で『総務部』の合計を求めてみたいと思います。手順が少し多いので、おさらいを兼ねて、もう一度流れを記載しておきますね。

1.まず、求めた数を表示させる欄を選択状態にします。

2.Shiftキーを押しながらF3キーを押します。

3.表示される画面の『関数の分類』から『数学/三角』グループを選択します。

4.一覧から『SUMIF』を選択し、『OK』をクリックします。

5.表示される画面の『範囲』欄を入力状態にします。

6.そのまま、合計したいデータが入力されている『金額』の欄ではなく、判定に使用するデータが入力されている『部名』の欄を全て選択状態にします。

7.次に、『検索条件』の欄を選択状態にします。

8.そのまま、上記6.で選択した範囲の中で、抜粋したい文字が入力されたセルを選択状態にします。

9.次に、『合計範囲』の欄を選択状態にします。

10.そのまま、今度は合計したいデータが入力されている『金額』欄を全て選択状態にします。

11.『OK』をクリックすると、求めた数が表示されているのが確認できます。

最後に

SUMIF関数について、理解できたでしょうか?『範囲』『検索条件』『合計範囲』と、それぞれ入力状態にすると、画面下部に説明文が表示されます。

この文章が難しいと感じるのは私だけではないと思います。今回の手順を追ってもらえれば、文章の意味も分かりやすいかと思いますので、お役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク

-エクセル(Excel)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Excelで複数判定をするには?AND関数とOR関数とは?

Excelで複数判定をするには? 複数の条件を満たしているかどうかを判定したい場合、AND関数またはOR関数を覚えておくと便利です。 AND関数やOR関数を使わなくても、複数の条件を判定するように出来 …

Excelの条件付き書式を使って色を付けてみよう!

Excelの条件付き書式 セルに入力されたデータから判定してセルに色を付けたり文字の色を変えたりする際に使用するのが、条件付き書式になります。 この条件付き書式については、使用するエクセル(Excel …

Excel初心者向けの入門講座!そもそも関数って何者?

Excel初心者向けの入門講座! エクセル(Excel)を勉強していると、関数という言葉を目にしたり耳にしたりする事があるかと思います。書店などでも関数に関して記載してある書籍がたくさんあるので、見か …

Excel初心者向けの入門講座!セルへの入力と編集の基本!

Excel初心者向けの入門講座! さて、今回の記事では、セルへの入力と編集の方法について解説していきますが、言葉だけでは分かりづらいと思います。なので、私が実際に使っているエクセル(Excel)の画面 …

Excel初心者向けの入門講座!関数を使った判定をしてみよう!

Excel初心者向けの入門講座! 例えば、テストの結果をエクセル(Excel)で管理していて、入力した点数によって『合格』か『不合格』かを表示させたい。 というように、エクセル(Excel)の表で何を …